BookHeart

魔法使いの嫁 第二巻 ―ヤマザキコレ―

time 2015/11/03

魔法使いの嫁 第二巻 ―ヤマザキコレ―
Pocket

魔法使いの嫁 第一巻の続き。

ネタバレを含みますので、一巻に引き続き、購入予定の方はご注意ください。

 

チセを捕らえたのはエリアスも知っている魔術師:レンフレッドだった。

レンフレッドからチセは、エリアスはチセの性質である「夜の愛し仔(スレイ・ベガ)」を研究材料にしているだけだと聞かされる。

機転を利かせ、その手から逃れたチセはレンフレッドに対し、家族と言ってくれたエリアスから離れることはないと告げる。

 

そのまま、澱みの浄化を始めたチセは澱みの中で一つの記憶を追想体験する。

 

自分の妻であるミナを愛する夫:マシューは、病弱な妻を心配していた。

ある日、立ち寄った流れの魔術師に妻の診察を頼むマシュー。

その魔術師に告げられたのは、妻の命がもってあと数年だろう、ということだった。

 

どうにかならないかと頼み込むマシューに魔術師はある霊薬の作り方を教える。

それは猫を大量に虐殺した上で作れる薬だった。

妻を思うがあまり、心優しかったはずのマシューはその霊薬の調合に手を染める。

 

mahoyome02

魔法使いの嫁 2 (BLADE COMICS)

新品価格
¥617から

たくさんの猫たちの死体と共に、変わり果てた夫の姿を見たミナ。

ミナはマシューが正気でないことを察するが、魔術師と共にマシューにその霊薬を飲まされてしまう。

これで治る、と安心したマシューの目の前でミナの体は崩壊する。

 

魔術師の単なる実験にされた二人。

魔術師は貴重なデータが取れたとその場を去る。

目の前で妻を亡くして一人取り残されたマシューは、もっと猫の命を集めようとする。

正気をなくし、もっと猫の命が必要だと思ったマシューであったが、当時の猫の王にかみ殺される。

 

チセが浄化しようとしていた「澱み」はそんなマシューのなれの果てだった。

澱みの中にいたミナに「私たちを消してほしい」と頼まれたチセ。

騙されただけの二人を哀れに思ったチセは、消すのではなく、二人があるべきところへ還れるように浄化するのであった―。

 

 

また日常へと戻ったチセは魔法の勉強をしたり、妖精の王たちと出会ったり。

そんな中、再び”おつかい”に出向くことになったチセとエリアス。

付近の教会に居付いてしまったという「黒妖犬(ブラック・ドッグ)」。

それが無害な物であるかの調査を行うのであった。

 

教会に着くなり、人が野犬のようなものに襲われて殺されているという騒ぎが起きていた。

エリアスと離れて一人で行動することになったチセは墓場で「良くないもの」に襲われる。

そこを助けてくれた人物をチセは直感的に人間ではないと感じる。

ケガをしているその人物を渡せと、レンフレッドの弟子であるアリスが現れる。

 

その人物こそが黒妖犬であり、先の澱みの一件も素材にするためにレンフレッドと共に介入してきたのであった。

以前、失敗作で出来てしまった「超強力睡眠薬」でアリスを捕まえたチセは事情を聞く。

レンフレッドは更に別の魔術師に強制的に素材集めを手伝わされていた。

 

影に潜んでいたエリアスもこの事情を聞いていたことを知ったアリスは、師匠を助けてほしいと懇願する。

そこへ黒幕の魔術師が現れ、アリスを始末するために襲ってきたのをチセが庇って重傷を負う。

現れた魔術師はチセが澱みの中で見た、マシューを騙したあの魔術師だった―。

 

間違えたけど別にいいよね、と悪びれもしない魔術師はエリアスを知っているようだった。

チセを傷つけられたエリアスは怒りでその身を変貌させていく。

 

第三巻へ続く。

 

魔法使いの嫁 2 (BLADE COMICS)

新品価格
¥617から

Pocket

sponsored link

down

コメントする






sponsored link